金貨投資のメリット

宝箱投資対象の金貨には二種類があります。ひとつは収集型金貨といい、どちらかというと骨とう品に類するものです。金そのものの価値以上に、収集物、あるいは骨とう品としての価値が上乗せされており、高額で取引されるものも珍しくありません。しかしそのプレミアは、場合によっては消失してしまうこともあり、収集型金貨は投資対象としては不向きと言わざるを得ません。

投資に向くのは地金型金貨と呼ばれるもので、こちらにはコレクションとしてのプレミアはついていません。多少の手数料は上乗せされるものの、基本的には金の相場に応じた価格がつけられており、購入金額をそのまま金への投資とすることができます。

サイズは大きいものから小さいものまでさまざまで、予算に応じて金貨を買うことができます。枚数も一枚からなので、多額の資金を用意しなくても気軽に始めることができるでしょう。

金は、変質しないことで知られる金属です。価値が損なわれるような傷さえつかないようにしておけば、保管に注意を払う必要もさほどありません。場所も取りませんので、大掛かりな金庫も不要です。

デザインが変わる金貨などもあるので、記念日に一枚ずつ購入して、コレクションとする楽しみ方もできます。