金貨投資の注意点

メリットも多い金貨投資ですが、気をつけるべき点もいくつかあります。金貨は、地金を加工して作るものなので、少額とはいえ多少の手数料は加算されます。地金を買うよりはやや割高になることが多いので、その点は理解しておきましょう。

金貨手数料は、サイズが小さくなればなるほど高くなります。小さい金貨を複数で買うよりは、大きめのものを一つ買った方が、投資としてのパフォーマンスはよくなります

また、保管に気を使わなくてもよいのが金貨投資のメリットですが、あまりにひどい損傷を受けた場合には、その価値が棄損されることもあります。目立つ傷や金貨そのものが変形してしまうと、地金としての価値しかなくなってしまいますから、ある程度の注意は必要でしょう。

金貨は、比較的安定している投資対象ではありますが、金の相場によってはその価値が上下する可能性も忘れてはいけません。また、日本国内においては、金は円換算で価格が決まるのですが、為替の変動によっては国内価格が変わることもあり得ます。

しかし金そのものの価値が根本的に覆ることは今後もないと考えられます。価格の上下は多少あっても、金が投資対象として魅力を失うことはないでしょう。小額からコツコツ積み上げていくことで、安定した資産を築けることが金貨投資のメリットです。

金貨投資のメリット

宝箱投資対象の金貨には二種類があります。ひとつは収集型金貨といい、どちらかというと骨とう品に類するものです。金そのものの価値以上に、収集物、あるいは骨とう品としての価値が上乗せされており、高額で取引されるものも珍しくありません。しかしそのプレミアは、場合によっては消失してしまうこともあり、収集型金貨は投資対象としては不向きと言わざるを得ません。

投資に向くのは地金型金貨と呼ばれるもので、こちらにはコレクションとしてのプレミアはついていません。多少の手数料は上乗せされるものの、基本的には金の相場に応じた価格がつけられており、購入金額をそのまま金への投資とすることができます。

サイズは大きいものから小さいものまでさまざまで、予算に応じて金貨を買うことができます。枚数も一枚からなので、多額の資金を用意しなくても気軽に始めることができるでしょう。

金は、変質しないことで知られる金属です。価値が損なわれるような傷さえつかないようにしておけば、保管に注意を払う必要もさほどありません。場所も取りませんので、大掛かりな金庫も不要です。

デザインが変わる金貨などもあるので、記念日に一枚ずつ購入して、コレクションとする楽しみ方もできます。

金貨投資が選ばれる理由

銀行にお金を預けても、利息はほとんど期待できません。そんな中、注目を集める投資ですが、その種類にはどんなものがあるでしょうか。投資ときいてまず思い浮かぶのは、株式でしょう。株式投資は、株を売買したときの差額、あるいは保有株数に対する配当で利益を得ることができます。しかし売買で差額を手にするには、それなりの知識と資金が必要です。配当も、資金と時間がなければあてにすることができません。

では売買は専門家に任せるとして、投資信託という選択肢もありますが、数ある投信の中から最適なものを選ぶことは、素人にはやはり困難です。投資した金額が保証されないという意味では、株式投資と変わることはありません。

また最近ではビッドコインなどの仮想通貨も、投資対象として人気がありますが、こちらは先行きにやや不安定さが残っています。国や銀行などの担保を持たない仮想通貨は、それ自体が突然消えても不思議ではないからです。

金貨そんな中で、投資対象として人気があるのが金貨です。希少金属である金は、古くから資産として収集、あるいは投資の対象であり続けました。その価値に関しては、今後も変わることはないでしょう

対象は金と単純なので、選択に頭を悩ませる必要もありません。少ない額からの投資も可能ですし、金貨の現物を手にして楽しむこともできます。人気の金貨投資について、その種類や選び方、注意点など、こちらのサイトで詳しくご説明しています。